クレジットカードで仮想通貨購入、土日入金可能な取引所ランキング!

クレジットカードで仮想通貨購入、土日入金可能な取引所ランキング!


クレジットカードで仮想通貨購入、土日入金可能な取引所ランキング


このページでは、

仮想通貨をクレジットで購入検討する人向けに

「取引可能な曜日と時間帯はいつ?」

「土日に取引可能だと、どんなメリットがあるの?」

といったことを、初めに整理します。

そして、「どの取引所を使えればいいの?」

という疑問に答えるため、土日取引可能なおすすめの取引所ランキングを紹介します。

さらに、「仮想通貨をクレジットカードで購入するメリットは何か?」、

実際にクレジットカードで買ってみた体験談、

クレジットカードで購入する際の手数料を比較します。


クレジットカードで購入する際の手数料を比較

また、仮想通貨に関心持ち始めた段階の方のために、

「そもそも、仮想通貨って何?仮想通貨を保有するメリットって何?」

という疑問に対して回答いたします。

(2018年1月)

そもそも、仮想通貨って何?仮想通貨を保有するメリットって何?


<目次>
@ クレジットカードで仮想通貨購入!土日でも入金可能?そのメリットとは?
A オススメの仮想通貨取引所ランキングはこちら!
B 仮想通貨をクレジットカードで購入するメリット
C 実際にクレジットカードで買ってみた。その感想は?
D クレジットカードで購入する際の手数料比較
E そもそも、仮想通貨って???
F 仮想通貨についてもう一歩踏み込んでお勉強してみよう!



クレジットカードで仮想通貨購入!土日でも入金可能?そのメリットとは?

■仮想通貨は土日にクレジット取引できるのか、

何時から何時まで営業しているのか


仮想通貨は土日にクレジット取引できるのか


ビットコイン市場は、土日を含めて365日稼働しています。

土日でも取引できるという点は、

仮想通貨取引所の唯一無二の特徴であり、

人によっては恐らくこれが最も大きな利点でしょう。

最近では、他の金融商品でも平日のほぼ24時間トレードできるようにもなっていますが、

仮想通貨では時間帯に加え、土日や祝祭日の取引も可能です。


仮想通貨では時間帯に加え、土日や祝祭日の取引も可能


取引可能時間比較

ビットコイン CFD/FX 株式現物

取引可能な曜日・時間帯 平日/土日/祝祭日

24時間365日 平日5営業日

24時間 平日

9:30-11:30

12:30-15:30



では、土日に仮想通貨のクレジット取引できることはどんなメリットがあるのでしょうか。

3点ほど挙げていきます。



■取引の利便性が高い


仮想通貨の取引の利便性が高い


先物や国内株式市場のように営業時間の縛りがあるわけではないので、

どんなライフスタイルの方でも取引に挑戦しやすいです。

専業の方であれば平日に株やFXをやって、

休日は仮想通貨の取引を行う。

普通の仕事をしているサラリーマン層でも、

帰宅後や休日を使ってトレードできる。

仮想通貨はむしろ、

平日よりも土日に大きく動く傾向にあり、

祝祭日関係なくトレードできるという特性をトレーダーが活用していることが伺えます。


■急変動時への対応がしやすい


クレジットなら急変動時への対応がしやすい


思わぬ時間に経済を動かすビッグニュースがでてきた場合に便利です。

たとえば、土日に世界の中のある場所で、

重要な金融政策や取り決めがあった場合。

日本株や日経平均先物への影響度合いは、

休日明けの前場開始まで分かりません。

マーケットの動きを先読みして、

リスクヘッジしたところで手遅れというケースも考えられます。

そんな時、仮想通貨についてはすぐに措置を講じることができますので、

予想されるリスクに対して仮想通貨を活用して対応していくことも可能です。



■株取引の入金用の予備資産としての活用が可能



株取引の入金用の予備資産としての活用が可能


急に入金したいと思っても銀行のシステムは古く残念なままなので、

金曜の午後3時から月曜の9時までの64時間の間、

入金することができません。

なので、入金用の予備資産を仮想通貨として用意しておく方針が可能です。

ここまで、仮想通貨を土日でクレジットカードで取引できる利便性、

メリットを書いてきました。

続いて具体的に、どんな仮想通貨の取引所があるのか見ていきましょう。

オススメの仮想通貨取引所ランキングはこちら!

仮想通貨を購入するにあたり、「銀行口座からお金を振り込むのが面倒!」という方へ


オススメのクレジットカードで購入できる仮想通貨取引所を、

ランキング形式で紹介いたします。



(もちろん、銀行振込にもお勧めのランキングです)


オススメのクレジットカードで購入できる仮想通貨取引所


以下のような判断基準から、トップ3を選びました。1

? 取引量の多さ(スプレッド)

? 取扱い通貨の幅広さや質

? 安全性の高さ(セキュリティ)

? 取引手数料の安さ

? アプリなどの使いやすさ

? レバレッジ取引可能かどうか(FX・信用取引など)



仮想通貨オススメ取引所 1位 コインチェック


仮想通貨オススメ取引所 1位 コインチェック

13種類と、国内最多の取り扱い通貨の種類を誇るコインチェック、

最近ではテレビCMでもおなじみですよね。

チャートが見やすく、アプリも操作性が高いと利用者から支持されています。

本業があって忙しい人でも仮想通貨取引が手軽にできる取引所としても知られており、

あらゆる入金方法にも対応しているのも利用者にとってうれしい工夫です。

対応クレジットカードもVISA・マスターカードに加えてJCBの3種類と、

他の取引所よりも多いのが特徴です。

入金上限金額は100万円で、

カードのショッピング枠の現金化を抑制するためにカード仕様の場合は1週間の出金制限があります。

他にもプリペイド型のバンドルカードで、

ビットコインが直接チャージできるというサービスも開始されています。



■特徴


コインチェッククレジット特徴


・使えるクレジットカードは

『VISA(ビザ)』

『Mastercard(マスターカード)』

『JCB(ジェイシービー)』。

特に『JCB(ジェイシービー)』の人はコインチェック


・圧倒的な取扱銘柄数!日本で手に入らない仮想通貨が手に入る

・ビットコイン以外に、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ネム、ダッシュコイン等

 10種類以上の銘柄を購入可能(ただしビットコイン以外は販売)

・世界的評価の高い銘柄が早期に追加される可能性が高い

・多少リスクを負っても大幅に資産を増やしたい場合、ビットコイン以外を購入すると期待大

・取引ページがとてもシンプルで、非常に作業性が良い

・ページはシンプルだが、決して不親切ではない

・少額なら本人確認無くても取引可能

・チャットが活発で、読んでいるだけでも情報が入手可能

・全銘柄、クレジットカードで購入可能



■扱い仮想通貨一覧


扱い仮想通貨一覧


・ビットコイン

・ビットコインキャッシュ

・イーサリアム

・イーサリアム クラシック

・リップル

・ライトコイン

・ジーキャッシュ

・ダッシュ

・ネム

・ファクトム

・リスク

・モネロ

・オーガー




■仮想通貨取引業者の認可

:申請中(2017.12月現在)です。

なぜかわかりませんが、コインチェックは仮想通貨登録業者として登録が完了しておりません。

(2017.12.13)



■総評


コインチェック総評


全13銘柄の中、

イーサリアムクラシック・ジーキャッシュなどの6種類は

日本の取引所ではコインチェックだけで購入できます。

時価総額ランキングの上位のアルトコインを中心に取り扱っているため、

もちろん投機的なメリットもあります。

世界的に仮想通貨の市場が成長する中で、

ビットコイン以外のアルトコインの価格もどんどん上がってきています。

例えばイーサリアムは、

JPモルガンなどの世界的な大企業のビジネスシーンで導入され値上がりを続けています。

リップルは全世界で100を超える金融機関で送金に利用されており、

日本でも2018年にUFJやみずほのメガバンクが

国際送金サービスを開始することから引き続き価格上昇が期待できます。

このようにそれぞれの特徴を持つアルトコインは、

ビジネス面でも投資面でも大きな可能性を秘めているため選択肢が多いのは良いですよね。


コインチェックなら最短10分


コインチェックはユーザー登録からビットコインの購入まで、

最短10分で出来るという手軽さが人気です。

取引画面も非常に分かりやすく、

パソコンでは各種通貨の相場や売買注文画面、

ビットコインの売買版とチャットが表示されているのが特徴です。

つまり・・・

チャートの確認・通貨の売買・取引についての相談がひとつの画面で出来るようになっています。

さらにスマホのアプリも感覚的に操作できるので使いやすく、

出先でもチャートを見て簡単に取引ができます。

送金や授受のためのQRコードがすぐに作れるので、

取引するにあたってスピード感を損なうことはありません。

AndroidとiOSの両方でリリースされているため、

どんな機種を持ってても公平に利用できるのが嬉しいですよね。




仮想通貨オススメ取引所 2位bitFlyer(ビットフライヤー)


仮想通貨オススメ取引所 2位bitFlyer(ビットフライヤー)


国内最大手取引所の1つであるビットフライヤーでも、

クレジットカード決済が可能です。

取り扱いカードの種類はVISAかマスターカードの2種類で、

最低購入額は1,000円で1日あたり最大購入額は100万円となっています。

ビットフライヤーは仮想通貨取引所として2014年に設立され、

リクルート・三菱UFJキャピタル・SBI・電通デジタルホールディングスなどの

名だたる企業の数々から出身を受けていることでも知られています。

ビットフライヤーではすぐにカードで購入するだけではなく、

ビットコインやイーサリアムなどを定期購入することも可能です。

定期購入ペースも、毎日購入・日付指定・曜日指定・隔週指定の4種類から選べるので、

プロのトレーダーの人にもおすすめです。

こちらも1週間の送金制限があるので、

すぐに日本円にしたい場合は注意が必要です。



■特徴


bitFlyer(ビットフライヤー)特徴


・ビットコイン取引量ナンバーワン

・使えるクレジットカードは、『VISA(ビザ)』または『Mastercard(マスターカード)』の2種類

・ビットフライヤーのみ補償制度が実施されている(ただし円出金のみ)

・日本の取引所でシェア率No.1!

・特にビットコインで圧倒的なシェア

・ビットコイン現物やレバレッジ取引したい人に特におすすめ

・大企業から資金調達し、強固な資本体制

・ビットコインの他、イーサリアム、ライトコインといった、安定した銘柄を取り扱っている

・取引ページが親切丁寧

・少額なら本人確認無くても取引可能

・お買い物にも対応



■扱い仮想通貨一覧


bitFlyer(ビットフライヤー)扱い仮想通貨一覧

・ビットコイン

・ビットコインキャッシュ

・イーサリアム

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・モナコイン




■仮想通貨取引業者の認可

:完了!


■総評


bitFlyer(ビットフライヤー)総評


ビットフライヤーの一番の特色は、

安全性の高さと万全のセキュリティ対策にあるといっても過言ではありません。

全ての通信は暗号化され、セキュリティ強度の高い方法で圧縮して伝達されます。

外部からの情報は複数のウイルスチェックソフトを用いてスキャンしており、

最新のウイルスが来ても耐えられるよう定期的に試験も行っています。

万一ハッキングなどの不測の事態が起こっても

ビットフライヤーの持つ9割の仮想通貨は、

ネットワークから遮断されたサーバーの中に保存され

24時間体制で警備されているため対策もばっちりです。

その他何重ものセキュリティを使ったビットフライヤーは、

金融機関よりも頑丈なシステムと評されています。


ビットフライヤーは金融機関よりも頑丈なシステム


また、メジャーな通貨と、日本生まれのモナコインの取引ができます。

ビットフライヤーでは様々な取引をするというよりは、

ビットコイン取引がメインのため種類は少数精鋭という印象です。

その代わり取引されるビットコインの量はすさまじく、

2017年8月には月間取引量が1.5兆円を超えたこともあります。

ビットフライヤーでは「ビットコインを使う」

という通販サイトも用意されており、

家電やスピーカーなどをビットコインで直接購入することができます。

他にも電子書籍が買えたり、

自分が持っている仮想通貨を電子マネーに変換することも可能です。

DMMのポイントもビットコインで買えるので、

映像購入が捗ると注目を集めています。

ビットフライヤーの公式HPはこちら!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

bitFlyer ビットコインを始めるならクレジットカードでも安心・安全な取引所で
https://bitflyer.jp/ex/Home

ビットフライヤーも口座開設だけなら、ノーリスク。

しつこい勧誘もメールもありません。

暴落した瞬間に入金が間に合わなければクレジットカードで購入しましょう。






仮想通貨オススメ取引所 3位 Zaif(ザイフ)


仮想通貨オススメ取引所 3位 Zaif(ザイフ)


Zaifは元々ビットコイン用のウォレットサービスとして誕生しました。

名称には仮想通貨という次世代の通貨のための

新しい形の財布(ウォレット)という意味が込められています。

開発当時にはあの堀江貴文氏が技術顧問を務めています。

以前は購入金額が20万円と低い代わりに、

出金制限がありませんでした。

しかし2017年11月からは規律が変わって

1週間の出金制限が設けられるようになりました。

その代わり、購入金額が100万円に引き上げられたので、

より多くの通貨が購入できるようになります。

Zaifでは、VISAかマスターカードで購入を受け付けています。



■特徴


 Zaif(ザイフ)の特長


・使えるクレジットカードは、

 『VISA(ビザ)』または『Mastercard(マスターカード)』の2種類

・ビットコイン以外でも指値が可能

・日本人発祥のモナコインに注力している取扱所

・モナコインは日本発祥の仮想通貨

・トークンを購入できます(話題のCOMSAトークン取扱あり)

・いずれも対円のチャートが確認可能

・5万円までなら本人確認無くても取引可能


■扱い仮想通貨一覧


ザイフ扱い仮想通貨一覧


Zaifで取り扱いのある仮想通貨

・ビットコイン

・ビットコインキャッシュ

・イーサリアム

・ネム

・モナーコイン

その他8種類のトークンが利用できます。



■仮想通貨取引業者の認可

:完了しています。


■総評


ザイフ総評


Zaifの最大の特長は、トークンです。

「トークンとは何か」

簡単に言うとオリジナルのブロックチェーンや特徴があるものを仮想通貨、

既存の通貨をベースに作られたり

使用の場が限られるものをトークンと呼ばれるケースが多いです。

元々トークンには代替通貨や有価証券のような意味合いもあるため、

仮想通貨全体がトークンであるとも言えます。


最近、ICOの表的なCOMSA(コムサ)トークンが購入可能になりました。

トークンは数年後、とんでもなく爆発する可能性もあります。

モナコイン、Zaifトークン、XEM等にも力を入れています。

他のアルトコインの価格はビットコインに連動している感じがありますが、

モナコインはビットコインとの連動が少なく、

リスク分散としても有効かもしれません。


ザイフリスク分散にも


※ICOとは、株の世界で例えるとIPOです。新規上場株のことですね。

株式市場に上場することで、多額の資金を吸収し、

その資金を使って新たな事業に投資する。

それがIPOというシステムです。

これを、株式市場ではなく、

仮想通貨市場で行うことをICOと言います。


ザイフのTradingViewチャートはたくさんの機能

ザイフのTradingViewチャートはたくさんの機能が搭載されているため、

よりハイレベルで緻密な取引をしたいユーザーに向いています。

平均線やボリンジャーバンドなど、

値動きや売買タイミングを高めるために使われるテクニカル指標というツールが、

自分の好きなように設定できます。

つまり、自分仕様のオリジナル取引画面が作れ

分析と取引の精度が上げられるということですね。

日本の仮想通貨取引所に関しては

ここまで高性能なチャートを提供しているのはまだ少ないです。

FXなどで取引経験のある人にはザイフが一番使いやすいかもしれません。



公式HPはこちらをクリック!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
クレジットカードで購入できる仮想通貨取引所ZAIF
https://zaif.jp/


ZAIFは口座開設だけなら、ノーリスク。

もちろん、しつこい勧誘、メールもありません。

仮想通貨が暴落した瞬間にクレジットカードで購入も可能です!


仮想通貨をクレジットカードで購入するメリット

仮想通貨をクレジットカードで購入するメリット


仮想通貨取引所と言えば、

銀行振り込みがメジャーだと思っている方が多いのではないでしょうか?

急いでいる時にはコンビニまで行かなきゃいけない…

なんてイメージを持っている人、実はそうとも限りません。

まだそこまで数はありませんが、

クレジットカード対応を受け付けている取引所も出ています。

どんなメリットがあるのかを説明していきます。



■メリット1:いつでも買えるので(夜、土日も)、急激な価格変動時などのチャンスを逃さない


メリットの1つめは、

急激な価格の変動時に即時購入が可能な事です。

ビットコイン等の仮想通貨は、

1日に10%以上変動することも珍しくありません。

そのため価格の急激な変動時に、

即時購入し、勝負を仕掛けられることがメリットとなります。



■メリット2:銀行振込しなくて良い


銀行振込では、取引所の指定の口座への振込は、

銀行が営業している平日の日中しかできません。

それに対してクレジットカードであれば、

相場が大きく動いた夜間や休日でも関係なく資金を追加できます。

クレジットカードで仮想通貨を購入すると、

即時反映されるのでチャートが急激に動いてすぐに取引したい!

という場合にはとても便利な方法です。

クレジット支払いまでの期間に手数料以上の値上がりをする場合、

利益の獲得が見込めます。



■メリット3:カードのポイントが付く


株・投資信託・不動産・金など、

投資商品のなかで、クレジットカードを使える商品というものはほとんどありません。

現在のところ、ビットコインの購入についてはポイント付与がされるため、

ビットコイン投資をしながらポイントを貯めることも可能です。

また、利用回数や利用金額によって、

ポイント還元率が高くなるクレジットカードを利用している方にとっては、

絶好のポイント稼ぎの場となるでしょう。



■メリット4:手持ち現金が無くても購入できる



クレジットカードで簡単に現金化できますので、

特に仮想通貨市場全体が1カ月に手数料以上の値上がりがあるという場合に有効です。

クレジットカードで仮想通貨を購入すると、

即時反映されるのでチャートが急激に動いてすぐに取引したい!

という場合にはとても便利な方法です。


実際にクレジットカードで買ってみた。その感想は?

実際にクレジットカードで買ってみた。その感想は?


実際にクレジットカードで仮想通貨を購入した感想を書いていきます。


・めちゃ簡単

・100万円っていう選択枠がある

・手数料やクレジット自体の金利はけっこう高い

・クレジットカードの現金化し放題

こんな感じです。


本当にびっくりするくらい簡単に仮想通貨が入手できてしまうので驚きました。

しかも100万円まで選択枠があるってすごいですよね

仮想通貨はもちろん日本円にそのまま替えられますから、

クレジットカードの現金化みたいなことも余裕で出来ちゃいます。


仮想通貨をクレジットカードで買う理由を考えてみると



・お金(現金)がないから

・銀行振込やコンビニ決済がめんどくさいから

・クレジットヒストリー(カードの信用)を貯めたいから

といった感じでしょうか。

ではデメリットは何かというと、

やはり手数料が高いことです。

手数料を考慮しても採算が取れるのか?

結局それで儲かるのか?儲からないのか

というが肝心かと思います。

そこで、各取引所でクレジットカードで仮想通貨購入した場合、

いくらくらいかかるのか。

その点を次にまとめていきます。


クレジットカードで購入する際の手数料比較

クレジットカードで購入する際の手数料比較


現在(29/9/10)、

クレジットカードで仮想通貨を購入できる取引所は

bitFlyer・coincheck・Zaifの3取引所だけであるので、

これら3取引所を比較したいと思います。


クレジットカードの購入手数料比較



クレジットカードの手数料は各取引所とも明確には示しておりません。

そこで、各取引所にアクセスして、

1. クレジットカードの購入金額を10万円に設定し、

2. その際の購入可能BTCを円に換算し、

3. 2から1を引いた数値を10万円で割る

ことにより手数料を求めるという方法をとってみました。その結果は以下の通りです。


bitFlyer
coincheck
Zaif
購入可能額(円換算) 88,910 91,415 92,233
手数料 11,090 8,585 7,767
手数料率 11.09% 8.59% 7.77%


bitFlyerのクレジットカード購入手数料



上記画像の10万円での購入可能BTCを

赤枠の現在のレートと掛け合わせて計算してみたところ、

手数料は約11%でした。少し高いですね。

ちなみに、ほぼ同時刻に計算したため、

coincheckとZaifの手数料計算においても、同レートを掛け合わせています。



上記オレンジの枠で囲ってある購入可能BTCを元に現在レートで計算したところ、

手数料は約8.59%でした。

Zaifのクレジットカード購入手数料


こちらは数量をみるだけで、他2取引所より少し多いのが分かります。

手数料は最も安く7.77%、ほか2社と比べると少し割安といえるでしょう。


クレジットカードでの購入を手数料以外の面で比較

クレジットカードで仮想通貨を買うにあたって

多くの人が気にするのは手数料でしょうが、

使えるカードの銘柄や購入可能金額の上限など、

他にも取引所によって差異がある部分があるので、

以下ではそこら辺を解説していきたいと思います。


bitFlyer
coincheck
Zaif
対応銘柄 VISA Master VISA Master JCB VISA Master
最低購入金額 1000円〜 5000円〜 5000円〜
最大購入金額 100万 100万 20万
出金・送付制限 出金・送付・売却制限(1週間) 出金制限(1週間) なし



手数料以外の面をまとめると、以上のとおりです。

1. coincheckがJCBを使える

2. Zaifのみ一回当たりの購入上限が20万円

3. bitFlyerはクレジットカードで購入したビットコインを1週間出金・売却出来ない


一回当たりの購入上限は、

複数回購入すればいいんだからあまり関係ないだろうと考える人もいるかもしれませんが、

「価格の急激な変動時に、入金を待たずに購入できる」

というクレジットカード購入のメリットを考えると、

安い時にグッドタイミングで大量購入したい場合には、

考慮しなければいけない点かと思います。

クレジットカードでの仮想通貨購入の手数料まとめ

取引所で買うだけで大体8%〜10%かかる上にクレジットカードの元の金利もつきます。

なので、現金を持ってるのであれば現金で買うのがベターかと思います。

要は「手数料やカード金利以上に、仮想通貨の儲けがあるか」ってことがポイント。


儲けが期待できると判断した場合はクレジットカードでの仮想通貨購入を良いでしょう。

また、どれを選ぶかで言えば、

手数料を考えた場合にはZaifを、

JCBのクレカ使用や一度での購入可能金額を考えた場合にはcoincheckを利用するのが良いでしょう。


そもそも仮想通貨って?

そもそも仮想通貨って?


仮想通貨には、仮想通貨としての価値がある

お金としての価値があって、

いろいろな商品や、サービスを購入することもできるし、

法定通貨と交換することもできます。

価格変動があるので、利益を出すこともできるし、FXもできます!



仮想通貨以外の名称もある


暗号通貨、国際通貨、デジタル通貨、分散型通貨など、

ケースバイケースでいろいろな名祖が存在しています。

最近では「仮想」というと怪しい印象になるので、

暗号通貨にしようといった意見もあるようです。



仮想通貨にはたくさんの種類がある


仮想通貨で最もメジャーなものはビットコインですが、

その他にも・・・

・イーサリアム

・リップル

・ライトコイン

・ビットコインキャッシュ

といったものもあり、1000位上が存在しています。

いまでも毎日数件の仮想通貨が誕生していると言われています。


最近では

・COMSA

・QASH

・GACKTさんで話題のSPINDLE

などが発行、発行予定となっています。


仮想通貨についてもう一歩踏み込んでお勉強してみよう!

仮想通貨についてもう一歩踏み込んでお勉強してみよう!



『ブロックチェーンて何?ブロックチェーンとは仮想通貨の基盤技術』


仮想通貨にはそれぞれ独自のブロックチェーンがあります。

ブロックチェーンの技術は多種多様ですが、

どのブロックチェーンも持っている根本的な役割は

「正しいデータの保存」です。

仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーンとは

何なのか確認していきましょう。




『仮想通貨の分裂について。何故分裂する?分裂したのに資産が増える?』



仮想通貨ではハードフォークと呼ばれる分裂が起こることがあります。

分裂は何のために行われるのでしょうか。

分裂すると新しい通貨をもらえて資産が増えるというのは本当でしょうか。

仮想通貨が分裂する理由とその実情について見ていきます。



『仮想通貨のマイニングについて』



ビットコインを代表とする仮想通貨では、

マイニングという作業によって新規通貨が発行されます。

マイニングは誰が何のために、どうやって行うのでしょうか。





『仮想通貨の公開鍵と秘密鍵とは??』



仮想通貨には公開鍵と秘密鍵というものがあり、

送金など仮想通貨の取引が正しく行われるための大切な役割を果たしています。

それぞれが果たす目的と関連性を見てみましょう。 

FX業者